やりたいことが見つからない大学生がやっておくべきこととは?

大学生になると高校生の受験勉強や部活動のように強制されることがほぼ無くなります。

すると、自由に使える可処分時間が増え、逆に何をしたらいいのかわからないという人が必ず出てきます。

そういう人は、ひとまず周りに合わせてサークル活動やアルバイトに時間を割いてみたものの、思い描いていた大学生活とのギャップに違和感を感じているのではないでしょうか?

今日は、やりたいことが見つからないという大学生が在学中の4年間でやっておくべきことを考えてみたいと思います。

やりたいことがある大学生の方が珍しいという事実

まず、大学生に限らず「やりたいことがある」という人はほとんどいないというのが事実だと思います。

「学生起業をしたい」、「大学である分野を追求したい」、「体育会を経てプロスポーツ選手になりたい」という人はごく稀です。

だから、やりたいことがないからといって焦る必要はありません。

ただ、やりたいことが見つかるまで何もしなくていいわけではありません。

「やりたいこと」や「(自分だからこそ)やるべきこと」に出会ったときにすぐ動き出せる体勢を整えておくことが重要なのです。

大学生のうちに社会に通用する2つの武器を磨け

冒頭にも書いたように、大学生には無限とも思われるほどたくさんの時間があります。

これは社会人や高校生にはない大きなアドバンテージです。

だからこそ、この時間を最大限に使って社会に出ても通用するあなただけの武器に磨きをかけることが大切なのです。

そうすることで、やりたいことややるべきことが出来たときに、社会をコントロールしている権威やお金に左右されずにすぐに取り組むことが出来るのです。

就職してサラリーマンになってからでは収入はあっても時間がありませんからね。(もちろん不可能ではありませんが…。)

とはいっても、自分は何を磨けばいいの?

そう思う人も少なくないでしょう。

ぼくは、人を集める能力「集客力」と人を魅了する能力「コンテンツ力」の2つは大学生のうちに身につけておくべきだと思います。

なぜなら、この2つの武器さえ持っていれば、生きるために十分な収入を得ることが可能だからです。

例えば、ぼくは大学の4年間でテニスコーチやウェブ集客・マーケティングで確かな実績を残しました。だから、何かに縛られることなく人を集めてテニス教室を行ったり、商品を売ったりすることが出来ています。

今のぼくがあるのは大学生のアドバンテージである大量の時間を使って「確かな集客ノウハウ」と「魅力的なコンテンツ」を築くことが出来たからなのです。

まとめ

大学生という肩書きを与えられた時間をどう過ごすかによって、その後の人生は大きく変わります。

大学の4年間は自分のやりたいことを実現させる能力を身につける投資期間なのです。

決して、「人生の夏休み」だなんて悠長なことを言っている場合ではありません。

もし、あなたが大学生でなにかを成し遂げたいなら、ぜひ一度連絡してみてください。

――――――――――――――――

☆運営しているPROJECT☆

ユメカフェメルマガ(無料)

ユメカフェコンサルティング(法人向け)

・TAKADA MAMORU SALON(会員限定サロン)(2017年7月スタート予定)

月収100万円不動産講座

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る