ユメカフェメルマガ

夢や目標の優先順位の付け方とは?やりたいことかやるべきことか

やりたいことについて考えると思考が無限に広がってしまい、結局具体的な1歩を踏み出せないということが往々にしてあります。

また、やるべきことがありすぎてなかなかやりたいことに時間が割けないという人も多いでしょう。

夢や目標を管理するためには優先順位を付けることが重要です。

優先すべきはやりたいことかやるべきことか。

今日は、達成につながる夢や目標の優先順位の決め方について考えてみたいと思います。

やりたいこととやるべきことの優先順位の決め方

まず議論に入る前に「やりたいこと」と「やるべきこと」の定義をきちんとしておきたいと思います。

「やりたいこと」というのは一般的にいう夢と同義と考えて下さい。言い換えるなら「好きなこと」、「叶えたいこと」と言っても良いでしょう。

「やるべきこと」というのは義務や強制ではないものの自分がやる意味があることだと捉えて下さい。言い換えるなら「得意なこと」と言っても良いでしょう。

夢や目標について考えると「やりたいこと」が止めどなく溢れ出てきます。

しかし、「やりたいこと」全てに手を出すと多くの場合が薄っぺらい誰にでも出来ることになってしまいます。

決して1つに絞れということではありません。むしろ、二兎追うものは二兎得る可能性があるとも思っています。

問題は「やりたいこと」の優先順位が「やるべきこと」よりも上にあることなのです。

まずは、あなただからできる「やるべきこと」に取り組むべきです。

なぜなら「やりたいこと」は寝かせておくと後々「やるべきこと」に変わるタイミングが来るからです。

「やりたいこと」を優先順位の低いところに置いて、いつか自分の能力や周りの環境が追いついて「やるべきこと」に変わったときに優先順位を上げればいいのです。

例えば、ぼくが今年の春から始めるテニススクール運営はずっと前から「やりたいこと」の1つでした。しかし、決して過去のぼくの能力や経験値では出来ないことでした。

でも、今はテニスコーチやビジネスで得た経験によって、ぼくがやるべき理由が出来ました。

つまり、夢や目標の優先順位は「自分が今やるべきかどうか」を軸に考えるべきなのです。

自分の能力やこれまでの人生のあらすじにしっくりくることから1歩ずつ歩みを進めることが「やりたいこと」に近づく唯一の方法だと思います。

まとめ

夢や目標はいくつあっても構いませんし、1つに絞るなんてことは出来ないと思います。

ただ優先順位だけはきちんと決めて管理するようにしましょう。

まだ自分には到底届かないようなことでも優先順位の下の方に寝かせておきましょう。

そうすれば「叶えるチャンス」がやってきますから。

――――――――――――――――

☆運営しているPROJECT☆

ユメカフェメルマガ(無料)

ユメカフェコンサルティング(法人向け)

ゆめ大学(オンラインサロン)(2017年7月スタート予定)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2017年 5月 14日
  2. 2017年 6月 13日

ページ上部へ戻る