夢を叶える・目標を達成するためにかかる期間はどのくらい?

目標を達成するためには3年間努力を続けなくてはいけない。

夢を叶えたり、目標を達成したりするために必要な期間について知りたい人は多いでしょう。

なぜなら、どのくらいの時間かけて努力すればゴールに辿りつけるのかを知ることが出来れば、モチベーションを保ちやすくなるからです。

目的地までの距離と方向が分からないまま走り続けるのはなかなか至難の業です。

今日は、何かを成し遂げるために必要な期間について考えてみたいと思います。

夢を叶えるためにどのくらいの期間がかかるのか?

成功体験のある人は自分の経験からどのくらいの期間努力をすれば結果を出すことが出来るのか知っています。

しかし、僕はその期間は人それぞれだと考えています。

2年間の人もいれば10年間の人もいるでしょう。

なぜなら、人にはそれぞれ得意不得意や努力出来る度合いに違いがあるからです。

同じモノゴトに取り組んでも得意な人や努力の次元が高い人は、そうでない人に比べて早く結果を出すことが出来るでしょう。

つまり、成功者が記した自伝や自己啓発本などに書いてある「10000時間の法則」などの目標達成と時間の関係は目安にしか過ぎないのです。

人によって出来るまでの期間が違うだけで出来ないことはない

この「夢や目標を達成する期間は人それぞれ」という事実は、生まれながらの才能やセンスを顕在化させる残酷な事実かもしれません。

しかし、捉え方によっては「結果が出るまでの期間が違うだけで出来ないことなんて存在しない」という希望を感じられる事実ともいえるでしょう。

ぼくは日頃から「出来るまでやれば出来る」と言い切っているように、この事実は希望を与えてくれると捉えています。

苦手なことでも努力し続ければいつか望んだ結果を出すところまで辿りつけるのです。(関連記事:目標を達成するために大切なこととは?

関連記事にも書いた通り、これは決して精神論ではありません。

「出来るまでの期間は人それぞれ」という事実に基づいた話なのです。

この事実をポジティブに捉えることが出来る人は成し遂げるまで努力を続けることが出来るでしょう。

しかし、ネガティブに捉える人はいつまでも他人の結果に嫉妬するだけで終わってしまうでしょう。

なにごとも捉え方次第ということなのです。

まとめ

どんな事実にも必ず様々な解釈が存在します。

「目標としていた結果に届かなかった」という事実を悲観的に捉えて「失敗」と名付けるのか、目標に対して何が足りなかったのかを知ることの出来る「チャンス」と名付けるのか。

これは決して綺麗ごとではありません。

最初は多少無理があっても構いません。どんな事実に対しても自分が前向きになれる意味付けをしてみてください。

それが癖になってしまえば、あなたは「成功体質」に変わっていくのです。

――――――――――――――――

☆運営しているPROJECT☆

ユメカフェメルマガ(無料)

ユメカフェコンサルティング(法人向け)

・TAKADA MAMORU SALON(会員限定サロン)(2017年7月スタート予定)

月収100万円不動産講座

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2017年 5月 27日

ページ上部へ戻る