夢を語ると馬鹿にする人を黙らせるくらいの努力をしてみないか?

夢を語ると必ず馬鹿にする人や批難する人がいます。

「夢なんて叶わない!もっと現実みろよ。」って。

ぼくはそんな批評家を黙らせる方法を2つ知っています。

1つは「夢を叶えること」。もう1つは「引くほど努力すること」です。

夢を叶えるまでにはどうしても時間がかかりますし、その間常に近くで批判されているのは良い気はしませんよね?

もちろん気にしなければいいのですが、どうしても気になるものです。

今日は、夢を批判することしか出来ない批評家を黙らせる方法について書いてみたいと思います。

夢批評家を黙らせるほどの圧倒的な努力をしよう

ぼくは夢を馬鹿にする人や「あなたのことを考えて言っているのよ!」と言うおせっかいな人を黙らせるためには、夢を叶えるまでは圧倒的な努力をするしかないと思います。

決して「これだけ努力してんだよ!」と威圧するわけではなく、「こいつには何を言っても無駄だ…。」と諦めさせることが重要なのです。

他人のことを批評したがる人は、基本的に批判した分だけリアクションが返ってくることで自分の存在意義を感じるものです。

だから、そういう人達にとって、批判しても批判しても夢に向かってひたむきに努力をし続ける「他人の意見を聞かない人」は暖簾に腕押し状態でとてもつまらない存在なのです。

つまらない存在になってしまえば、もう聞こえる範囲内で批判されることはありません。

無駄なノイズを気にすることなく夢への道を駆け抜けることが出来るのです。

確かに「才能が明らかに足りないこと」や「人としてどうなのと思うこと」を夢に掲げている人に意見を言いたくなる気持ちはわかります。

ぼくも「それはあなたの追いかけるべき夢じゃない」と平気で言ってしまうこともありました。

でも、結局はやるかやらないかはその人が決めることですし、やってみた結果からその経験を活かしてまた新たな夢を見つけることになるのです。

つまり、何が言いたいか。

いくら馬鹿にされて、批判されて、非難されて不安な気持ちになっても夢を追いかけて努力することは無駄にならないということです。

それがまた経験となり、あなたの血肉となり、新たな道を見つける手がかりになるのです。

まとめ

ぼくは小さな目標や夢を達成できなかったことが多々あります。むしろ、ほとんど達成できた記憶がありません。

そのたびに自分が嫌になり、いつになったら出来るのかなと不安になりました。

でも、その失敗のおかげでより自分に向いているやるべきことを選べるようになりました。

夢を語れば「そんなの出来っこない」と馬鹿にされ、「それを達成するためには仕組みがどうのこうの…」とおせっかいなことを言われ…。

他人を変えることは出来ません。批評家はずっと批評家のままです。

ただ、自分だけは変えられます。圧倒的な努力をして批評家を自分から遠ざければいいのです。

今、ぼくの身の回りにいる人は「君なら出来る!」と確信を持ったかのように行ってくれる人ばかりになりました。

いや、もしかしたら「こいつに言っても無駄だ。」と思われているだけかもしれませんが…。(笑)

――――――――――――――――

☆運営しているPROJECT☆

ユメカフェメルマガ(無料)

ユメカフェコンサルティング(法人向け)

・TAKADA MAMORU SALON(会員限定サロン)(2017年7月スタート予定)

月収100万円不動産講座

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る