ユメルマガ

学生のうちにやりたいことを実現する方法とは?

学生のうちは結果よりもプロセスを大切にすべきだ。

確かに10代や20代は人生の基礎を作り上げる時期なので、結果だけでなくその目標に対するプロセスの評価をすることは大切だと思います。

しかし、決して結果とプロセスを同じ尺度で比較・評価できないことを忘れてはいけません。

結果が良ければ全て良しでも、プロセス良ければ全て良しでもないのです。

結果についてもプロセスについても個別に検討する必要があるのです。

今日は、やりたいことを実現する方法と題して、思い通りの結果を出すために必要な考え方について書いてみたいと思います。

学生がやりたいことを実現するために必要なこと

「やりたいことを実現するにはお金や社会経験が必要だ!」なんてことはありません。

学生だろうが、何十年と働いたサラリーマンだろうがやりたいことを実現する方法に違いは全くありません。

なぜなら、お金がないならないなりの、経験がないならないなりのやり方が必ずあるからです。

例えば、「ご飯を食べる」という目標があったとしましょう。

この目標を達成するための王道は「お金を払って食材や総菜を買う」という方法でしょう。

しかし、その他にも「おすそ分けしてもらう」とか、「誰かにおごってもらう」とか、「自給自足する」とか、「ご飯を食べる」というやり方が無数にあることを忘れてはいけません。

少し極端な例に思えるかもしれませんが、どんなやりたいことや成し遂げたいことに関しても同じことが言えるのです。

つまり、学生のうちにやりたいことがあるならそれを実現させるための方法を洗い出し、1つ1つ試してみれば良いのです。

決して王道にとらわれずに自分の能力や性格に合った道を探すべきなのです。

1つの目標に対して道が1つしかないということはありません。

必ず自分がゴールまで辿り着くことの出来る道があるのです。

まとめ

お金や経験はゴールへの距離を短縮するためのツールでしかありません。

ないことで多少ゴールまでの道のりが長くなることもありますが、学生には時間と若さというアドバンテージがあります。

時間がかかっても構わないので、やりたいことの実現に向けて一歩踏み出すべきです。

そうすれば、王道より多少遠回りしたとしてもゴールに辿りつけるのです。

1つのゴールに続く道はそこを目指す人の数だけあるのだから。

――――――――――――――――

☆運営しているPROJECT☆

ユメルマガ(無料)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る