目標達成のためにすべき徹底的な準備とは?

目標を達成するためには様々な事態を想定して準備をしなくてはいけない。

結果というのは、それまでの準備の積み重ねによって生まれます。言い換えるならば、毎日コツコツと積み重ねることでしか望んだ結果を出すことは出来ないのです。

とはいっても、どのような準備をすれば日々目標に近づくことが出来るのかわからないという人がほとんどでしょう。

今日は、目標を達成するために必要な準備について考えてみましょう。

目標を達成するために必要な準備は3つの分析から生まれる

ぼくは、目標を達成するためにどのような準備をすべきかは、3種類の項目の分析から見出すことが出来ると考えています。

その3項目とは「目標」、「自分」、「相手」です。

これらをきちんと分析することで、目標達成のために必要な準備がより無駄なく具体的に浮かびあがってくるのは間違いないでしょう。

では、それぞれの分析項目について詳しく見ていきましょう。

目標達成に必要な分析1 目標

まずは、自分が掲げた目標がどのようなものなのか、きちんと分析する必要があります。

これは目標というゴールの輪郭をはっきりさせる第1歩になります。

例えば、「大学受験で名門○○大学に合格する」という目標があるとしましょう。

この目標に対しては「大学受験で○○大学に合格するというのは具体的にどういうことなのか?」を分析する必要があります。

「○○大学に合格するためにはどのテストで何点必要なのか?」、「○○大学の入学試験にはどんな傾向があるのか?」などなど「○○大学に合格する」という目標を「このような問題で何点取る」と具体化し、セオリーを見つけることが必要なのです。

目標達成に必要な分析2 自分

次に、自分の能力や性格の分析をすることが大切です。

これは目標に辿り着くための道のりを決める大切な項目です。

誰にでも得意・不得意や好き・嫌いがあります。得意なことであればそこまで時間をかけずに結果を出すことが出来るかもしれませんが、不得意なことであれば時間をかけてもなかなか結果を出すのは難しいでしょう。

また、好きなことであれば没頭しいつまでもやり続けることが出来るかもしれませんが、嫌いなことであれば長時間集中力を保つことは難しいでしょう。

目標の分析によってはっきりしたゴールと自分の能力や性格の兼ね合いをみることで、どのような道でゴールに到達するかを決めることが出来るのです。

目標達成に必要な分析3 相手

最後に、相手の能力や性格を分析まですれば、目標達成に向けてどのような準備をすべきかはっきりするでしょう。

これは、自分と同じ目標を目指す相手の現在地を知るために必要な項目です。

同じゴールを目指すのであってもその人によって能力や性格が違うため、方法論も変わってきます。

そのため、相手が今どんな道のりのどの辺りにいるのかを把握しないと、足元を救われる可能性があります。

先ほど例に挙げた大学受験で考えてみるとわかりやすいでしょう。

自分が○○大学の例年の合格ラインに乗っていたとしても、相手の出来が例年よりも良ければ結果は不合格になってしまいますよね?

まとめ

具体化した目標に対して自分の能力や性格から戦略を導き出し、それに沿って準備を進めつつも競争相手との位置関係にも注意を向けることで、高い確率で望んだ結果を出すことが出来るでしょう。

きちんと「目標」、「自分」、「相手」についての分析を行い、そこから導き出した準備を毎日積み重ねることでしか、目標とする結果を手にすることは出来ません。

どうしてもほとんどの人が自分の能力や性格を押し殺して漠然とした目標に向かって努力しているように思えて仕方がありません。

不得意なことや嫌いなことに対して努力して結果が出せないわけではありませんが、相当な時間と精神的コストをかける覚悟が必要です。

どちらが正しいということはありませんが、目標を達成したいなら常に論理的な思考とストイックな行動を保つべきなのです。

――――――――――――――――

☆運営しているPROJECT☆

ユメカフェメルマガ(無料)

ユメカフェコンサルティング(法人向け)

・TAKADA MAMORU SALON(会員限定サロン)(2017年7月スタート予定)

月収100万円不動産講座

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る